おやっさんのトリプルLIFE

ひとり親で2児を育てている母が実際の経験をもとに書くブログです。ひとり親の母としてのこと、たくましく生きる子どもたちのこと、ブログをしていて学んだことなどを綴っていきたいと思います。

不便な物件に暮らしていたことから学んだ住宅選びのポイント

今週のお題「間取り」 特別変わった間取りの住宅には暮らしたことはありませんが、私は婚姻時、住居においては非常に不便な生活をしていましたので、今回はそちらをご紹介します。 立地条件 婚姻時代の住居 ベランダがない間取り 洗濯置き場がない 駐輪場・…

【自治会】令和3年度初めての執行部会に参加しました

2時間を超える執行部決めが行われてから約半月、団地の自治会「新執行部会」が 行われました。 www.oyassan3life.com 執行部の構成 執行部の仕事 新自治会長は22歳 事務局の仕事は何? 今年度の自治会内での行事の見通し さいごに 執行部の構成 任期は1年です…

何が原因で「家計が火の車なのか」を理解できない元夫がとった行動と私に対して言ったこと

婚姻当時、元夫が無職になってから我が家の家計は火の車の状態が続きました。 私はフルタイムパートとして勤務していましたが収入は家族4人で暮らすにはかなり無理があり、毎月の家計が大赤字だったのです。 家賃の滞納が積もり積もったころ、無職であった元…

アドセンスの広告制限を受けて対策をするもモチベーションが下がったので気持ちを切り替えることにした話

昨年の10月頃より、メインブログのアクセス数が月間8000~10000弱で安定していました。それに比例して、アドセンスの収益もいい感じに右肩上がりで波に乗ってきた…と思った矢先でした。 Googleアドセンスから「広告の制限をします」と連絡が来て、私のブログ…

モラハラ加害者はよくしゃべる故、被害者はマインドコントロールにかかりやすくなる傾向にあると思う

モラハラ加害者はよく語ります。 一度話始めたら自分が気が済むまで語りますので、2時間3時間にわたることも珍しくありません。(むしろ2時間で終わればかなり早い方です。) 元夫が説教好きだったことで、過去にもう一人私を虐げてきた人物がモラハラ人であ…

【進研ゼミ小学講座】チャレンジタッチは子どもの興味を引き出すことができるのか?

我が家の息子は小学3年生になるタイミングで「進研ゼミチャレンジタッチ」を始めることになりました。我が家では中学受験などは考えておらず、これは、児童クラブを退会し、彼が自宅で過ごす時間も増えるからという理由もあります。 チャレンジタッチに決め…

【令和3年度】自治会長をはじめとする執行部がなかなか決まらなかったので立候補してみた

つい先日、私たち家族が暮らす団地の自治会内で自治会長をはじめとする執行役員・各部の役員を決める会合が行われました。 自治会の役員の選出 会合の会場 いよいよ役員の所属部を決める くじ引きの方法 くじ引きで自治会長他決まる 各部員と部長・副部長・…

子どもが保育園から小学校へ進学すると生活にどんな変化が起きるのか?

令和2年度も終わりが見え始めてきましたね。 3月いっぱいで卒園、4月から小学生のお子さんを持つ方も少なくないと思います。 私も2年前までは「保育園児の母」でした。 子どもが保育園児から小学生になることで、私たち親としての生活も大きく変化します。 …

かつて超がつくほどの貧乏生活をしていた婚姻時代

今現在独り身の私ですが、かつては婚姻生活を送っていた時代もありました。 婚姻生活そのものは金銭的にゆとりのあるものではなく、一番ひどかった時は私が子ども2人と元夫を養っている期間があったことでした。 女一人の稼ぎで「子ども+大人の男」を養うの…

小学生授業後の過ごし方

共働きやひとり親世帯が多い中、保育園から小学校へ進学する際に一度は悩むこと…。 「小学生のお留守番問題」ですね。 特にそれまで保育園で手厚く守られてきていた子どもが小学1年生になった時に、 「ひとりで留守番できるかしら?」 「1年生は帰りが早いか…

【解決】Googleから「お客様のアドセンスアカウントでの広告配信を制限しました」と連絡が来てしまったのでできる限りの対策をとった話

題名の通り、アドセンス広告を貼っている人にとっては恐ろしいメールが私の元にも届きました。 対策しないことには最悪の事態(アカウント削除)になってしまうことも想定されるので、思いつく限りの対策をしてみることにしました。 広告配信の制限メール 広…

実際の体験者が書く モラハラ加害者の「あるある」行動

今回はモラハラ元夫との生活を約10年してきたおやっさんと、同じ境遇で頑張ってきた友人との話から感じた、「モラハラ加害者あるある」について書いてみたいと思います。 自分名義の契約ができない 働かないまたは仕事が続かない 頼み事は他力本願 家庭内で…

子どもたちのひどい花粉症対策のために「衣類乾燥機」を購入した話

今週のお題「花粉」 2月の中旬から我が家が暮らす地方では、ついに大量の花粉が飛び始めました。私自身はのどの違和感と目の痛み程度の症状ですが、我が家の子どもたち(特に下の子)はなかなかひどい花粉症の症状が出ます。 咳 鼻水 のどの痛み、腫れ 発熱 …

モラハラ元夫に「離婚するぞ」と言われ続けたけれど 結局離婚することは大変だった現実

私の元夫は「離婚するぞ」が口癖でした。 しかし、元夫と離婚することはとても大変だったのです。 なぜ「離婚したいと言っている元夫」との離婚が大変だったのか?不思議に思われる方も多いと思います。 元夫はことあるごとに「離婚」と連呼していた 私は離…

小学生の息子がチャレンジタッチを始めます(スタート編)

児童クラブ退会を機に検討していたタブレット教材。 www.oyassan3life.com ひとまず半年間体験してみようと思い、新規申し込みをしました。 申し込みから4日後、ついにタブレット端末が到着しました。 進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチとは チャレンジタッ…

とある飲食店の従業員が全員退職した話

今から20年ほど前の昔話…。まだ私が若かったころのことです。 就職氷河期ともいわれた当時は、決して景気が良い時代ではありませんでした。 特に飲食店は景気のあおりを受けやすく、経営が大変なところも少なくなかったと思います。 転職活動中でした いきな…

【小2男児】児童クラブをやめるのでタブレット教材を検討しました

現在小学2年生の息子は4月から児童クラブに行かずに学校から直接帰宅するようになります。3年生は5時間授業が基本となり、週に1回は6時間授業があるものの、今より自宅で過ごす時間が長くなります。 息子も留守番をすることには慣れてきたものの、「自宅での…

【第一子の保護者向け記事】小学校の学年別役員決めの傾向

年度が明けると小中学校を中心に「役員決め」を行うところが多くなります。例外的に前年度に決めてしまう場合もありますが、校内で務めるPTA役員に関しては基本的に4月の学級懇談会内で決めるところが多いですね。 www.oyassan3life.com 今回は、そんなPTA役…

当ブログはサブブログだけどメインブログについて言及します

Googleから初めての入金があった時の記事を書いたのが昨年の10月でした。 www.oyassan3life.com 実はここまで、メインブログ(保育園で給食を作っています!!)を始めて、アドセンス合格後から約1年半かかりました。 と、言うのも 記事数がまだまだ少なかった…

来年度に向けて中学校区の地域役員を選出することになりました【PTA】

来年度もおそらくコロナの影響があると思われるPTA活動。 主に学校内で活動を行う「校内役員」に関しては令和3年度も選出しないことになりそうです。 しかし、主に町内会で活動をする「地域役員」に関しては令和3年度も選出することになりました。 地域役員…

【コロナ禍】今年度、小学校は参観会・懇談会をできるだけ行おうとしていたようです

子どもが通う小学校は例年ですと、2月に学年最後の参観会や懇談会を行い、1年の集大成を保護者に見せる場ともなります。 しかしながら今年度は「コロナウイルス感染」に配慮した活動となり、年4回ある参観会、懇談会は中止も含めた対応がなされました。 6月…

モラハラ被害者の友人名義の放置車両が発見された

モラハラ夫に悩まされて離婚した私には、同じ境遇で離婚した友人がいます。 この友人は離婚が成立した後も元夫に友人名義の自宅に居座られたため、子どもを連れて逃げるように引っ越しをした経緯があります。 今回はこの友人に入った1本の電話からとあること…

子どもがよく拾ってくる「きつねの小判」とは

息子が2歳の頃の時、拾って持って帰ってきていた小さい木の実がありました。 その名も『きつねの小判』 普通に歩いていても、 「あ、きつねの小判があった!」と、しゃがみこんで拾っていました。 私たち大人では、こんな小さいもの気づきもしません。 この…

PTA役員(委員)はどのように選出されるのか?

通常、学校は4月に新しい年度がスタートし、在校生は進級し、新たな新入生も迎え入れます。子どもたちは新しい学年になり、期待と不安でいっぱいの頃です。 学生の子を持つ親(特に小中学生の親)は、4月におこなわれるPTA役員や委員の選出のことが気がかり…

かつて喘息発作で集中治療室に入った話

私は、子どものころからひどい喘息でした。定期的な通院はもちろん、発作がひどいときは入院治療も行いました。 大人になってかなり良くはなったのですが、いまだにぜんそくの診断がされています。 子どもの頃には何度か入退院を繰り返しましたが、大抵は一…

元夫 保育園の鼓笛隊のパート決めに物申す

元夫は、娘のことに関してはモンスターペアレントでもありました。 今回はその時の話を…。 鼓笛隊のパート決め さてなぜ元夫はカラーガードが嫌だったのでしょうか? ただの旗振りで目立たないから! 元夫は娘には楽器を演奏してほしかった 保育士さんもちゃ…

息子の宿題から見えた元夫の姉弟格差

お子さんが複数のご家庭では「あるあるネタ」ではありますが、写真の枚数やアルバムの冊数、あるいはデータの量など…第1子よりも2子3子の方がだんだんと少なくなっていきますよね。我が家でも例外なくそうでした。 …ところがそのことが今年になって自宅内を…

コロナ対策が叫ばれる中 中学校からPTA地域役員の選出を依頼されました

コロナ第3波は収まるどころかますます加速しているとしか思えない今日この頃。 この度、中学校の地域役員を決めるという大仕事(?)を行いました。 PTA活動に対しての理解が得られにくくなってきているこのご時世で「もめることなく役員の選考を行う」こと…

モラハラ元夫は誰かに寄生しないと生きていけなかった

これは元夫本人が武勇伝のように語っていた話と、実際に経験をもとにまとめた記事です。 元夫はひとり暮らし未経験 元夫がひとり暮らしをできなかった理由 元夫と同棲することになった私 私自身はひとり暮らし経験があり、金銭管理もしっかりしていた 元夫は…

小心者のモラハラ加害者は歪んだ成功体験によってモラハラを助長させます

かつてモラハラ元夫に虐げられながら生活をしていたおやっさんです。 モラハラの支配下に置かれ、「恐怖・理不尽」に怯えながら仕事、家政婦(もう家事の域ではないです)、育児を行っていました。 そんなモラハラ元夫に耐えられず勇気を出して離婚して早数…