おやっさんのトリプルLIFE

ひとり親で2児を育てている母が実際の経験をもとに書くブログです。ひとり親の母としてのこと、たくましく生きる子どもたちのこと、ブログをしていて学んだことなどを綴っていきたいと思います。

アマゾンで買った商品に不具合があったので返品をした話

ひとり親家庭にはなくてはならないネット販売。

大型家電も玄関先まで運んでくれますので、階段しかない団地の4階で暮らしている我が家では大変ありがたく利用させてもらっています。

 

これまで特に問題なくネット通販で様々なものを購入してきたのですが、つい先日ついに「不良品」が届く事態となってしまったのです。

 

今回は、「アマゾンから不具合のある商品が届いてからどのように対応してもらったか」を書き留めたいと思います。

 

 

購入した商品の症状

今回はとある大型家電を新品で購入しました。

アマゾンマーケットプレイスにて、出品者が出品・発送を行なった商品でした。

 

到着時、丁寧に梱包されており、目立った傷もない状態でした。

しかし、コンセントを入れてみると明らかな異音が継続して鳴るのみで通電はされていると思われるものの、電源は一切入らない状態だったのです。

ただただ、今にも何か起こりそうな異音が鳴るのみでした。もちろん1度もその商品を使うことはありませんでした。

 

 

返品か修理か交換か?

通常であれば修理または交換を申し出るところですが、今回の品は大型家電です。

不良品が届いたのに修理をお願いするのはまずあり得ません。かといって交換をお願いしたところで「きちんとした商品」が届く保証もありません。(2度続けて不良品が来る可能性も少ないのですが…)

 

今回私は楽しみにしていた商品だっただけにガッカリ感も大きかったので、商品に対する熱が逆に冷めてしまったのです。

ということで、今回私が選んだ方法は「返品&返金」でした。

 

早速返品の申し入れをする

アマゾンの注文履歴から返品をしたい商品のページにアクセスします。

商品にヘルプが必要ですか?をクリックします。

f:id:metarumama:20201118213248j:plain



すると以下のページへ進みます。

今回は、不良品の返品を希望しますので、「商品に不具合または損傷がある」にチェックを入れます。

f:id:metarumama:20201118213322j:plain

 

返品の理由(商品の状態など)を簡単に記入します。

f:id:metarumama:20201118213400j:plain

今回は、出品者が出品、発送を行っているので、この後は出品者からの連絡待ちとなります。(出品者の判断で返品に応じるか否かが決められます。)

 
到着時の商品が不良品や損傷がある場合は必ず返品、全額返金に応じてもらえるはずです。ただし、商品に欠陥がなかった場合は「購入者理由」として処理されてしまうため、返品には応じてもらえるものの返金額は50%となってしまいます。

 

翌営業日出品者からのメールが届く

早々に返信を頂くことができました。

返品返金をしていただけるとのことでした。

f:id:metarumama:20201118222246j:plain

しかし、「下記フォーム」がどこを見ても見当たらない…。困った💦

ということで、このメールに直接返信という形で 集荷の第1希望日と第2希望日を記載して送ってみたのです。

すると、数分後さらに出品者からの返信を頂くことができ、無事に返品の日時を決めることができたのです。

良かった良かった(#^^#)

 

 

返品の集荷

商品を返送するにあたって、荷造りをする必要があるのです。

商品が届いてすぐに不具合に気が付くことができれば、商品が来た時に梱包されていた段ボールがまだ残っていることもあります。

しかし、気が付くまでに数日かかってしまった場合は、先にダンボールを処分している可能性もあるのです。(段ボールはかさばりますからさっさと片づけたいですよね。)

 

今回私の場合は、到着したその日に不具合がわかったのですが、ダンボールから商品を取り出すときにきっちり梱包されていたため、なかなかダンボールから抜くことができませんでした。

そこで箱から取り出し時に、商品に負荷がかからないようにするため、途中ダンボールを切り開いたり破ったりしながら商品を取り出したのです。(まさか再度ダンボールを使用することになるとは思っていませんでしたからね。)

 

ということで、商品が梱包されていた段ボールは、箱状にするには大変な姿となってしまっていたのです。

 

返品用のダンボールは必要なのか?

上記の出品者からのメールにも書かれている通り、品物をそのまま集荷業者に渡すことはできないそうです。必ず箱か紙袋(無理だけど)に入れることが書かれていました。

 

しかし、私の場合は箱の状態が…💦

 

出品者に再度問い合わせてみる

商品が入っていた段ボールの状態が良くないため、新たにダンボールが必要なのですが、商品の大きさからいってもその辺になかなかあるサイズではないため、梱包用の段ボール確保に困っています

 

というような内容でメールを送ってみました。すると、以下のように返信されました。

ダンボールに関しましては、スーパーなどで調達していただきたいです。

スーパー…って、無いサイズだと思うよ!!

 

出品者は、返送用の新たなダンボールを用意してくれません。

それどころかわざわざダンボールを調達させようとしています。

 

返送用のダンボールがないので… 

仕方がないので、商品が入っていたもともとのボロボロになってしまったダンボールを貼り合わせて再利用することにしました。

もうこの際、見た目は気にしません。

 

f:id:metarumama:20201118225831j:plain

 でも、ひどいな~(笑)いやいや仕方ない(;'∀')

ただ、底が抜けないかだけが心配です💦

 

業者が集荷に来る

業者への集荷の手配などは出品者の方で行ってくれました。私は商品を梱包しなおして集荷に来るのを待つだけ(だけか?)でした。

あらかじめ時間指定もできましたので、「いつ来るかな?」とソワソワすることもなく時間に合わせて家事をしながら待つことができました。

 

伝票などは宅配業者で作成されていたため、私が特に記入することもありませんでした。箱詰めした商品を集荷に来た人に渡して伝票の控えをもらって終了です。

もちろん着払いです。

 

商品代返金までの流れ

遅くても荷物を集荷されてから2週間以内には返金があるとのこと。以下の流れで返金が行われます。

  1. 出品者に商品が届く。
  2. 出品者が商品の確認をする。
  3. アマゾンを通して返金される。
  4. 返金手続き終了後「返金完了メール」が届く。

 

返金手続き中にアマゾンからレビュー投稿の依頼メールが届く

商品を運送業者に引き渡した翌日、アマゾンマーケットプレイスからメールが届きました。どうやらレビューをしてほしいとのこと…。

f:id:metarumama:20201121155725j:plain

レビューと言っても、不具合品でしたので評価は良くありませんよね。

それよりもなぜこのタイミングでこのメールをよこしたのか…なんだかな~(-_-;)

 

 

返金完了メールが届く

集荷されて4日後(間に3日間土曜日曜祝日挟む)に、「返金完了メール」が届きました。

 

しかし、今回私はクレジットカードでの支払いでしたので、アマゾンからクレジット会社に返金された金額をクレジット会社からの返金されるまで待つことになりました。

締め日の関係もあって、入金日はクレジット会社都合となるため、ここでまたしばらく待つことになります。しばらくの間(1~3週間くらいが多いが、クレジット会社により異なる)商品もない、お金もない期間が発生するのです。

自己都合の返品返金要請であればあきらめもつくのですが、故障品を送ってこられたことでの返品(私に落ち度はありません)ですので、この手元に何もない期間はちょっと納得いかないのです(-_-;)

 

お金はいつ帰ってくるのでしょう…万単位の返金なだけに気が気ではありません。

 

無事返金が確認されました

 返金完了メールから3日後、商品の集荷からちょうど1週間後クレジットカードに返金されたことを確認できました。思ったより早かったと思いますが、「こちらに落ち度が全くない事案」としては手間がかかり過ぎな感が否めません。

 

さいごに

 これまで、ネットでの買い物はかなり利用してきましたが、送られてきた商品に不具合があった事例は初めてのことで戸惑ってしまいました。(不具合品が来ることの方が稀なのでしょうね。)

 

大き目な商品でしたので、家具の配置換えや、商品を置く棚、延長コードの購入も考えていたところだったのです。先に通電テストも兼ねてコンセントにつなげたことで「故障品であったこと」がすぐに分かったのですが、先に一緒に棚や延長コードを購入していた場合は「返品」という選択肢はなかったかなと感じます。

 

もちろん返品でなく、「交換」という選択肢もありだったのですが、今回の交換は見送りにさせてもらいました。

 

結果的には手元に商品が届くことなく、ただただ私の労力と時間だけが取られただけでした。かなりの手間がかかっています。

  • 商品を開封する時間
  • 商品を設置する場所づくりに費やした時間
  • 商品を再梱包する時間
  • 集荷時間に縛られたこと

そして、アマゾンと出品者からの「お詫び」はありませんでした。