高校入試直前【家族にコロナ陽性者】娘の私立高校入試は追試験が決定

ひとり親と新型コロナ

(2023年2月の記事です)

弟(息子)の新型コロナウイルス陽性診断が出た日、今年中学3年生の娘は、公立高校の併願先として受験が決まっていた私立高校の入試を2日後に控えていました。そうです、入試2日前に「濃厚接触者」となってしまったのです。

息子の新型コロナ陽性確定まで

事の始まりは極々軽い鼻水から

元々鼻炎気味な息子は、鼻水が少し気になる程度の症状が出始めました。今、思えばこれが発症日だったのですが、もともと鼻炎気味でもあるため、この時私はそれほど深刻に考えることもしませんでした。

この日の息子はいたって普通であり、食欲もかなりあり、お代わりもするくらいだったのです。

翌朝辛そうな表情

週明けの月曜日でした。

いつも通り、ダルそうな表情の息子。「学校行くの面倒くさいな」というのはいつものことでしたが、この日はいつにもまして様子がおかしい…。母親の直感でした。

ひとまず体温を測ると38.2℃。学校のお休み決定です。

私と娘も自宅待機

私の職場でも、娘の学校でも、ひとまず「同居家族に発熱者がいたら自宅待機」となっていますので、双方に連絡を入れ、私も娘も自宅待機となりました。

病院受診

その日の午前中に予約をとることができましたので、息子を受診させ「新型コロナウイルス陽性」診断を受けることになりました。

この時の息子の状態は、38℃前後の発熱、鼻水、少量の咳、食欲不振くらいでした。

新型コロナウイルス診断の翌日には、平熱まで体温が下がり、食事も少しづつですが摂ることができるくらいにまで回復しました。

娘の受験への対応

基本的には中学校側から高校へ連絡をしてもらい、必要書類などの準備も行ってもらえるとのことで、このまま娘自身が発症しなければ、受験日はおよそ1週間後になります。万一待期期間に発症してしまった場合でも、さらに後の日程の追試験に受験することもできますので、高校受験そのものに困ることはなさそうです。

スポンサーリンク

濃厚接触者の自宅待機期間の学習

自宅待機者は基本的に家庭学習となりますが、希望者にはオンラインで教室とつなげてもらい、画面越しで授業を受けることができます。

学校で使用しているパソコンの端末を自宅に持ってくることで、リアルタイムで授業に参加できます。娘の場合は、担任の先生が自宅まで端末を持ってきてくださったので、翌日から授業に参加させてもらうことができました。

(とは言っても、受験前後でしたので、ほとんどが自習に近いものでした💦)

それでも、画面越しとはいえ先生や級友の姿も時折映り、中には話しかけてくれる子もいたため、娘自身もただただ家庭学習をするよりは、なんだか楽しそうな感じでした。

リモートでの授業参加は初めてのことでしたが、昨年本人がコロナ療養していた時と比べると、娘の表情もかなり明るく、学習意欲も出るようで、体育などリモートでつなぐことができない教科の時にも、自ら自習する姿も見られるなど、娘にとって良い影響があったと感じています。

【娘が新型コロナ陽性】各所への連絡と娘の隔離

【新型コロナ陽性】娘から母(私)へ家庭内感染

ひっそりと授業参観もできる

娘のリモート授業期間で、私にとっても良いことがありました。

  • 自宅に居ながら授業参観
  • 普段見ることのできない学校内での様子を見ることができる

のです。

プチ授業参観

授業参観に行っても、なかなか見づらい場所であったり、「落ち着いて授業風景を見る」ことができなかったり、また「希望しない教科の授業」であったりもするため、普段娘がどのような環境で授業をしているのかがあいまいになっていました。

しかし、リモート画面の向こうでは「飾らない普段の様子」が映し出されるので(もしかしたら、映っていることを意識しているかもしれませんが 笑)通常の授業参観よりも見ていて楽しかったです。

学校内での生活も見られた

朝の会・帰りの会・給食の配膳の様子(笑)など、中学校の参観会ではもう見ることができない時間帯の様子も、見ることができました。

小学校から一緒だった男の子も女の子もみんな大きく成長しており、一人一人が立派に活動している様子を見ることができたのは、とても貴重なものだと感じました。

スポンサーリンク

さいごに

一生を左右する「高校入試」直前に濃厚接触者となってしまったため、入試の延期が決まった娘。ですが悲観することなく前向きに事実を受け入れ、弟を責めるわけでもなく生活してくれている娘に感謝しています。

また、画面越しに話をしてくれるクラスメイト、時折声掛けをしてくれる担任の先生にも恵まれ、追試験ではありますが前むきに受験に向けて頑張ろうとしている姿は、頼もしい限りです。

そして今回娘が濃厚接触者から「陽性者」にならずに済んだことにもホッとしています。追試験がんばれ!!娘!

コメント

タイトルとURLをコピーしました