子どもたちのひどい花粉症対策のために「衣類乾燥機」を購入した話

生活

2月の中旬から我が家が暮らす地方では、ついに大量の花粉が飛び始めました。私自身はのどの違和感と目の痛み程度の症状ですが、我が家の子どもたち(特に下の子)はなかなかひどい花粉症の症状が出ます。

  • 鼻水
  • のどの痛み、腫れ
  • 発熱
  • 目のかゆみ、痛み

もちろんかかりつけ医でアレルギーのお薬はもらうのですが、症状を抑えるにすぎず、つらそうな状態には変わりありません。

特に今年は、昨年と比べても違いがわかるくらいひどい症状が出ています。

子どもたちのつらそうな顔を見ていて、少しでも花粉から身を守れるように…と、ついに「衣類乾燥機」の導入を決心しました。

衣類乾燥機購入は今回で2度目の決断

以前、家事の手抜き目的(笑)のために、小型の衣類乾燥機を購入したことがあります。しかし、届いた商品が故障品だったため、この時は返品・返金をしてもらったのです。

アマゾンで買った商品に不具合があったので返品をした話

交換や修理という手段もあったのですが、この時はガッカリ感が強く、「衣類乾燥機」に対する 熱も冷めてしまったため、「まあ、無くてもいいか…」と思い、返品という結果に終わりました。

その後も衣類乾燥機に対する想い(笑)は戻ってくることなく、今まで過ごしてきました。(もともと私は洗濯は嫌いではありません。)

ところが今回は、冒頭にも書きました通り、「強敵花粉」への対抗策の一つとしてもう一度購入を検討。結論としては購入に至りました。

今回購入した衣類乾燥機

前回の教訓(?)もあり今回は、国内メーカーの商品の中から選んで購入しようと決めていましたので、比較的お財布にやさしいお値段であった「日立DE-N40WX」という商品に決めました。

購入前に大きさをメジャーで測って、ある程度の予測を立ててはいましたが、第一印象は「デカい!!」でした(笑)

(写真はまだ仮置き段階です)

 ■外寸:幅630㎜×奥行439㎜×高さ670㎜

■製品質量:25㎏

■乾燥容量:4㎏

■消費電力:強1180kw 弱710kw(室温30℃の時)

■価格:40000円前後(私は38980円で購入)

詳しい製品情報は↓こちらをご覧ください。

衣類乾燥機 DE-N40WX : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品

わが家は3人家族であり、うち2人が子ども(中学生女子・小学生男子)であるため、一番小柄な4㎏乾燥のものを購入しましたが、日立の製品では他に5㎏と6㎏乾燥のものがラインナップされています。

スポンサーリンク

設置場所

通常ですと専用台を使用して、洗濯機の上に衣類乾燥機を設置するのですが、わが家では洗濯機の上部に脱衣スペースのカーテンレールの一部が通っている形であり、このカーテンレールが邪魔をしているため洗濯機上部に置くことは不可能でした。(団地ならではの造りとなっています💦)

ですので、メタルラックを使って床置き設置することにしました。

乾燥機使用時には2L前後の排水があります。(容量や湿度によって異なる)その排水のためのホースを接続する箇所が機械の真下部分にあるため、直に床に置くことはできません。
排水をスムーズにさせるために、少なくとも床から20~30㎝ほどの高さの場所に設置する必要があります。
しかし、ただ単に台に乗せればよいものでもなく、排水ホースを通すことのできる台が必要になります。
専用の台も販売されていますが、見た目よりも値段が高く、購入者のレビューを見てもあまり良い印象がありませんでした。
ですので、わが家では棚そのものが網目になっているメタルラックを使用することにしました。

網目の部分から排水ホースを出すことができるからです。

排水を受けるバケツもきちんと置いてあります。

(バケツは、何年か前に作った大きなゼリーができるセットのバケツです 笑)

DE-N40WXを使用してみて感じたこと

衣類が乾くまでの時間

わが家では脱水後すぐに乾燥機に入れて使用しています。

生地の厚いものは一旦干してからですが、タオルや靴下、シャツ、学校用品はそのまま入れています。おそらく4㎏近くは入っていると思いますが、100分前後で乾いていると思います。

もちろん、生地の厚いものが入ると乾くまでの時間も長くなりますね。

振動

運転開始から約1分ほどは少し振動があります。(振動があると言っても、洗濯機と比べるとかなり静かです 笑)その後は大きな振動を感じることもなく、機械の大きさの割には音も比較的静かです。

音の大きさならば、食器洗浄機の方がよっぽど大きな音です。

排気の熱

機械そのものが熱くなることはありません(温かいくらいです)が、背面からは熱気が出ますので、小さなお子さんがいるご家庭では使用時に気を付けたほうがよさそうです。

意外とほこりが出る

衣類ですので仕方がないのですが、思った以上にほこりがたまりやすい印象です。使用後には毎回フィルターのほこりを掃除機で吸うように説明書でも書かれています。

掃除機を引っ張りだしてくる面倒くささとの戦いになりそうです💦

新品使用時のにおい

新品の商品は、機械臭?オイル臭?のような臭いがあります。洗濯物にもこの臭いが移りました(´;ω;`)数回程度使用することでかなり緩和されるようですが、私は固く絞った布巾で乾燥機の中を拭いた後、空の状態で15分運転し、その後しばらく扉を開けっぱなしにしてみました。

↑の作業をしたのが良かったかはわかりませんが、 この後嫌な臭いはしなくなりました。

扉の開閉

扉の開閉は非常にスムーズであり、ストレスを感じません。

しかし、右開きか左開きかの選択ができると尚良かったかなと思います。(パナソニック製の衣類乾燥機は両開きです)

わが家では、作業動線や生活空間などから考えた場合、右開きの方が使い勝手が良かったからです。

それでも左開きであることを承知で購入したので、「欲を言えば」くらいのものです。

スポンサーリンク

さいごに

衣類乾燥機を買ったからといっても当然、花粉症が良くなるというものではありません。しかし、衣類になるべく花粉を付けないことによって、少しでも自宅内での花粉量も軽減させることができるのであれば…という思いで今回購入をしました💦

ひとり親家庭にとって決して安い買い物ではありませんでしたが、子どもたちの症状が少しでも楽になってくれるのであれば、私にとっては良い買い物です。

今は花粉対策で使用していますが、花粉が終われば今度はすぐに梅雨の時期になります。

例年、梅雨の時期には室内が洗濯物でいっぱいになってしまいますので、今年は洗濯ものもたまらずに済みそうで、今からちょっとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました