スポンサーリンク
モラハラ離婚

モラハラ加害者は 自分を守り・保つために 息を吐くように「嘘」をつきます

モラハラ加害者は、基本的には「嘘つき」です。 しかしその嘘は、子どもレベルであることが多く、「モラハラの加害者と被害者」という関係でない場合には、「そんな子どもみたいな嘘が通用するわけないでしょ!」と警戒するレベルなのです。 モラハラ被害者...
モラハラ離婚

買い物ひとつで貧しさを感じた「極貧婚姻時代」自動車も自転車も持つことができなかったわが家はどのように生活をしていたのだろうか?

今はひとり親家庭の母として、2人の子どもを育てている私ですが、かつては「婚姻時代」もありました。 「ひとり親家庭」と「両親がそろっている家庭」と比べると、ひとり親家庭の方が「生活が苦しそう」というイメージが強いのですが、わが家の場合は全く逆...
母子生活支援施設

母子生活支援施設と聞いてどんな印象を持ちますか?近隣住民や保育園・小学校ではこう思われていた!!

みなさんは、「母子生活支援施設」と聞いてどのような印象を持たれますか? 私は、かつて離婚をする際に1年8か月間、お世話になったことがありますが、お世話になるまで、母子生活支援施設という施設があることも知りませんでした。 全国に270か所以上...
ひとり親と新型コロナ

新型コロナウィルス2度目の感染 2度目は症状は軽く済むのか?

新型コロナウィルスが2類から5類へ移行し、イメージとしては「インフルエンザ」と同じような扱いとなりました。マスク着用は「しなくて良い」というものになり、私が暮らしている地域でも、2~3割くらい(体感ですが)の方が、マスクなしで外出している状...
学校・PTA

PTA活動「嫌われる立ち振る舞い?」気をつけよう 実際にあった困ったこと

現在、高校生の娘と小学生の息子を育てていますが、子育てをしていると、必ず1度は経験をすることになるPTA役員や委員。私もこれまでに、5年間はPTAの何かしらのお手伝いをしてきました。 間に「コロナ禍」もあったりで、3年間は「ほとんど活動が無...
モラハラ離婚

私がモラハラ元夫との離婚を意識して起こした行動

モラハラ元夫のもとから逃げるように家を飛び出し、その後 離婚調停・裁判を経て、ひとり親家庭となりました。 「離婚したいな」と思ってから5年、実際に行動を起こしてから離婚が成立するまで約2年。決して短い期間ではなかったと思います。でも、長い年...
学校・PTA

高校生の娘に電動アシスト自転車を購入 高校生に必要?不必要?

娘の通う高校では、今年度から電動アシスト自転車での通学が認められるようになりました。それまでは「電動アシスト自転車での通学は認めない」と公言されていました。このことから、いまだに世間一般では、「高校生に電動アシスト自転車は不要」という考えが多いのではないかと思っています。しかし、近年では比較的に安価で(とは言っても数万円しますが)電動アシスト自転車が購入できるようになったこともあって、普及率もかなり上がってきているように感じます。普通の自転車に少し上乗せすることで、手に入れることができるくらいの価格帯になっています。
モラハラ離婚

【実録】婚姻生活を脅かすモラハラ元夫の「我慢しがたい言動」

モラハラ加害者と関わってしまったことはありますか? 職場や学校、すれ違いざま…といろんな場面で出会うことがあるかと思いますが、家庭内ですと「逃げ場」が無いため、モラハラが助長しやすくなります。 今回は、実際にあった体験も含めたモラハラ加害者...
学校・PTA

小中学校(義務教育)と高校(高等教育)の大きな違い【給食・PTA・担任数・部活動など】

高校に入学してから早2か月がたった娘。私自身も、高校生の親として2か月がたちました(笑)小中学校からの変化に、親子ともども少し戸惑いつつも、何とか新生活に慣れつつあります。 ということで今回は、小中学校と高校どこが違うのかについて、気が付い...
ひとり親家庭

モラハラ元夫と離婚してシングルマザーとなった今の方が心身ともに楽な生活【家事育児・交友関係も自由になった】

私の婚姻生活は「元夫が無職」「元夫からのモラハラ」「元夫からのお金の無心」などにより、心身ともに疲弊した毎日でした。 元夫との離婚で疲弊した毎日から解放された今は、色んな意味でとても楽になりました。 家事・育児 婚姻時代は、家事・育児+元夫...
スポンサーリンク